タイヤ生産のモニターシステムで中心的役割を担う重量測定技術

1960年設立の韓国のタイヤメーカーKumho Tireは、今や高品質タイヤのメーカーとして知られています。HBMのロードセルが製品品質を保証するタイヤの重量測定の生産現場で採用されています。

中間加工したパーツをドラムの中で接合する工程は、タイヤの全製造工程の中でも最も重要な工程です。タイヤは「グリーンケース」と呼ばれる型で成形され、次の加硫工程に送られます。

Weighing process for testing tire quality in the Green Case

「グリーンケース」でのタイヤの重量測定方法

秤量器メーカーのScale-Tron社は、HBMの協力でKumho社の重量測定ソリューションを開発しました。「グリーンケース」の中のタイヤ重量の測定にHBMの SP4M ロードセルが使われています。「グリーンケース」の重量は、 VKK ジャンクションボックス. 経由で中央システムに接続された4台のSP4Mロードセルで測定されます。

HBM製SP4ロードセルを使った重量測定装置とVKKジャンクションボックス

製品の品質が一段と向上

Scale-Tron社は過去韓国製のロードセルを使用してきました。しかし故障率が高く信頼性に問題があったため、従来の方法を見直す必要がありました。「お客様にとっては、製造工程の品質が最優先です。当然ながら、品質モニターの中心的役割を担う当社の重量測定装置についても最高の品質が必要でした。HBMに変更したおかげでシステム全体がはるかに安定し、わが社の製品をより高い品質レベルに上げることができました。」とScale-Tron社のCEO Yoo Young-Seok氏はコメントしています。

HBMへのお問合せ HBMやHBMの製品について「もっと詳しく知りたい」、「わからないことがある」、「こんな製品を探している」などございましたら、お気軽に下記お問合せフォームでご連絡ください。