VDI2646を超える高精度テストラボ-HBMのトルク校正

自動車のエンジンやトランスミッションの研究開発テストベンチ産業アプリケーションにおける精度への要求はますます高まっています。HBMVDI2646校正は、こうした分野においてDAkkS校正をよりお求めやすい価格で提供するサービスです。

 ドイツDarmstadtにあるHBMの校正ラボはドイツ初のDAkks(National Accreditation Body for the Federal Republic of Germany)認定校正試験所です。最新のVDI guideline 2646に基づくDAkkSのトルク校正を行います。非常に厳しく時間のかかる試験プロセスですがが、HBMではこのVDI 2646をワーキングスタンダードの校正と同じ金額で提供します。

VDI 2646の基準は、タイプ別の統計データを参照し、設置場所を変えながら複雑な計測を行い結果を相互比較をするものであはありません。HBMの認定校正ラボは、VDI 2646の要求を超える追加品質特性を持っています。校正プロセス、設置、統計手法は、DAkkS認定機関によりテストされ、承認されています。

すべてのDAkkS校正と応用に、校正後のトルクセンサの計測の不確かさが、校正結果に加えて仕様化されます。

HBMのVDI 2646校正は最大25kN・mのトルクセンサに対応し、合格/不合格の判定と校正後のセンサが関連製品仕様を満たしているかを明かにします。

参照トルクとして使われるトルクセンサは、設置場所を変えながら複雑な計測を行い、結果を相互比較する従来の手法を踏襲して校正され、常に最適な状態に維持されています。

HBMへのお問合せ HBMやHBMの製品について「もっと詳しく知りたい」、「わからないことがある」、「こんな製品を探している」などございましたら、お気軽に下記お問合せフォームでご連絡ください。