電気アクチュエータのエネルギー効率改善に挑む

我々を取り囲む世界は急速に電化が進んでいます。消費財、公共交通機関、エレベータ、エスカレータ、車両、産業機器で使用される様々なポンプや駆動装置、バルブではこのトレンドが顕著です。 これらのシステムでは、油圧電源に替えて電気アクチュエータが急ピッチで採用されるようになりました。

一般に、電動アクチュエータは、ギヤボックスを備えた単相/三相電動モータにより、可動部に必要なトルクを与え動作させます。 アクチュエータの用途はは広く、水、医薬品、化学薬品、油、または天然ガスなどの液体輸送から、シンプルな機械システムの駆動まで様々です。電動モータはの弱点はアイドリングモードで総使用エネルギーの30%のエネルギー消費がある場合があることです。 この損失はエネルギーの増加に伴て拡大し、電気駆動システムの運転コストと維持コストの大幅増加につながってしまいます。

タイトル/詳細 言語
Download: Technical Article / White Paper
English
Three-phase drives, like the one shown here, are taking the place of mechanical actuators in many industrial applications.