HBMロードセルが地下鉄建設で掘削される土壌の正確なリアルタイムデータを提供

地下空間は、都市の本質的な天然資源として、先進国では多様な形態で利用されています。中国経済の発展が加速する中、都市の地下空間の創出と活用がますます進んでいます。

中国は1965年に最初の地下鉄建設を始め、現時点では北京、上海、天津、広州、南京、深圳、蘇州、武漢、杭州など多くの大都市が建設をしています。中国の地下鉄建設は急速な発展段階に入っています。

急成長するメガ都市は、何十億人の人々のために住みやすい場所に発展することができるでしょうか?これは、やりがいのある大きな課題です。センサを使用した計測技術は、都市のインフラの改善に重要な役割を果たします。例えば、人口600万人の大都市である南寧の地下鉄建設では、HBMのロードセルは、地下鉄建設の安全性を常時監視しています。

建設現場の画像

地下鉄建設の問題点

地下鉄建設プロジェクトでは、地盤沈下事故の可能性が非常に高くなっています。例えば、深圳の地下鉄1号線の建設では、総工事期間中に地盤沈下事故が事故全体の25%を占めました。この事故は、深圳市の繁華街で発生し、近くの建物や地下のパイプラインに深刻な影響を与えただけでなく、建設の進捗にも影響を与え、プロジェクトのコストを引き上げる結果となりまた。したがって、プロジェクトの工程・コスト管理の観点から、また、安全確保の観点から地盤沈下を防ぐ方法を確立することは非常に重要です。

広西チワン族自治区の首都として、南寧は地下鉄のプロジェクトにも携わっています。南寧鉄道輸送グループ有限公司は、同済大学の教授に、シールドトンネル機械からの掘削土の量を計算することによって、地盤沈下を監視する包括的な解決策を提供するように要請しました。

徹底的な研究を行った結果、教授は地盤沈下を制御するには、掘削された土壌の重量を正確にリアルタイムで監視しなければならないと結論付けました(予定量以上の土壌排出などを監視)。計量技術のリーディングカンパニーであるHBMは、装置の設計およびリアルタイムデータの分析(掘削土壌の排出スピードなど)について協力しました。

使用中のロードセルRTN:

センサソリューション

土壌の正確な重量計測データを提供するために、HBMは非常に伝統的なセンサであるRTNを提案しました。 リングトーションロードセル RTNは最大定格が極めて高く、比類のない高精度と堅牢さが特長です。このプロジェクトでは、特注の計量機器の設計と製造を専門とするSense Scale&System社 がHBMと提携して、建設現場で重量計測用の台車を確実に運用してし、ワイヤレスで重量信号を送信する包括的なソリューションを提供しました。

HBMの中国チームはまた、顧客が重量データを受け取りやすくするソフトウェアを作成しました。Sense社は長期間ロードセルRTNを良好に保つことを目的として、ロードセルを保護する緩衝装置とクロスタイを開発しました。受信データが正しく正確に通信されるように、同社はHBM製の AD103C and AED9101 を選択し、RS485によるWi-Fiモジュールへの無線伝送を高い信頼性で実現しました。

中国のHBMチームは、お客様の要求を完全に反映した、操作性のよいデータ収集ソフトウェアをカスタマイズし、作業負荷を大幅に減少させました。HBMの堅牢な装置を作る技術、高品質な製品とサービス、リーズナブルな価格などにより、既存の計量システムが地下鉄建設の非常に重要な部分となり、お客様の賞賛と信頼を得ました。

HBMへのお問合せ HBMやHBMの製品について「もっと詳しく知りたい」、「わからないことがある」、「こんな製品を探している」などございましたら、お気軽に下記お問合せフォームでご連絡ください。