ハイパワーサーキットブレーカの安全なテスト

サーキットブレーカは、過負荷または短絡によって引き起こされる過電流に対する保護を必要とする電気回路には必ず使用されています。そのサイズと容量には、半導体デバイスの保護に使用される超小型の物から、都市に電力を供給する高電圧回路を保護するように設計されたトラックのようなものまであります。

サーキットブレーカの基本

サーキットブレーカの機能は、過大電流によるデバイスの損傷を防止するために、障害のあるシステムから電力を自動的に遮断することです。電流が回路遮断器を通って正常に流れるとき、その接点は過度の加熱なしに負荷電流を流します。障害が検出されると、電流の流れを遮断するために回路ブレーカを開く必要があります。高電流または高電圧が遮断されると、アークが発生します。サーキットブレーカは、アークによって発生した熱にも耐えなければなりません。高電圧の回路ブレーカに関連する高電圧および高電流を考慮すると、これらのデバイスの研究開発活動は非常に危険な可能性があります。この検討段階ではまだ完全に特性が確定していないため、回路ブレーカに過度の負荷がかかり爆発したり、焼損したりする可能性があります。損傷の可能性を制限するために、テストは通常、厚い壁と防弾ガラスを備えたテストセルで実行されます。多くの場合、試験場所は、オペレータや装置を飛散した破片や煙から保護するのに十分な距離を確保します。

Sensataのサーキットブレーカ試験

Sensata Technologiesは、センサおよび制御機器の世界的なサプライヤであり、幅広い市場およびアプリケーションに対応しています。Gene Dobbs氏は、メリーランド州ケンブリッジにあるSensata Technologies社のAIRPAX®サーキットプロテクタおよびサーキットブレーカーラインのエンジニアリングテストマネージャーとして、サーキットブレーカ試験の難しさを認識しています。比較的最近まで、彼と彼のスタッフは、20年以上使用されていたいくつかのオシロスコープベースのテストシステムに頼っていました。 Dobbs氏自身がシステムの制御ソフトウェアを開発しました。老朽化し修理が必要なシステムコンポーネントとして、エンジニアリングテストチームは元の製造元からの援助を得ることが困難になりました。2つのシステムの1つが完全に故障し、サポートが終了していたので、油圧磁気回路ブレーカ/プロテクタのR&D、生産テスト、およびULテストアプリケーション用に、新しいテストシステムに投資することにしました。