車の中で強下されるエルゴノミクス:革新的なオペレーティングコンセプトを開発するためのValeo社の選択 - そしてHBMの計測技術

エアコン、ナビゲーションシステム、ラジオ、MP3プレーヤー、それから…―最近の自動車は進化し続け、純粋なマルチメディアコックピットに近づきつつあります。しかし利用する技術が複雑になればなるほど、こうした多くの機能を簡単に使えることが重要になってきます。
フランスに本拠を置き世界中で活動している自動車部品のサプライヤ、ヴァレオ社(Valeo)では、すでにこうした動向を十分に認識しています。
世界をリードする自動車メーカーの多くのモデルに組み込まれているヴァレオ社製の操作エレメントと情報パネルに対して、ヴァレオ社は最高のエルゴノミクスと共にHBM製の計測技術を選択しています。

ヨーロッパの顧客が新車を購入する際の主な選択基a準は何でしょうか?

最近の調査によると、もちろん車に乗っている人と財産の保護が第1位にランクされています。それに次いで「デザイン」と並んで10点満点中の8.8点を獲得しているのが、「運転と窓からの眺めの快適さ」という項目です。

ドライバーなら、快適さのレベルの向上を常に期待するものですが、技術的に複雑であることが多いオンボードシステムの操作が関わる場合にはなおさらです。

技術が複雑化するにつれて、より簡単な操作コンセプトが要求されます

自動車部品のサプライヤであるヴァレオ社は、こうした社会の大きな流れを明確に認識しており、車内の快適さを向上させる多くの技術革新を提供して、快適性および運転支援システム(Comfort and Driving Assistant Systems)分野の業界の中でも、成功企業としての地位を固めています。

ヴァレオ社では、車内におけるエルゴノミクスの強化を目指して、自社製の操作エレメントを対象とした多くのテストを実施し、高性能の新技術で高い評価を得ています。

例えば、エアコンやラジオ、ナビゲーションシステムなどの操作用タッチスクリーンを備えた計器パネルなどにも、こうした技術が適用されています。また、ジョイスティックのような機械的な「多機能ユーザーインターフェース」にも画期的な技術が使われています。

最も重要な目標は、複雑な技術システムを搭載していても、ドライバーに簡単で直感的に理解できる操作機器を提供することです。これ は、高度なマンマシン・インターフェースと最適化されたエルゴノミクスを使用することで初めて可能になります。このため、スイッチや操作エレメントの製造 段階において「最高品質」はすでに義務化されており、今後のユーザーの厳しい要求を満たせる技術的に円熟したコンポーネントを実現しています。

ヴァレオ製エルゴノミック操作エレメントはHBMの計測技術を使用してテスト済み

こうした理由からヴァレオ社では、窓の開閉に使用する操作エレメントの生産に、HBM製の計測チェーンを全面的に選択しています。この計測チェーンには - including the MP85A-S EASYswitch プロセスコントローラ も含まれています。これにより、互いに関連性を持った品質とエルゴノミックの試験パラメータの両方を活用することが可能になります。

ヴァレオ社では、すべての自社製スイッチを製造中または完成直後(製造ラインの最後)にテストしています。このテストにはスイッチの操作によって発生する力の計測が含まれていますが、これは PACEline CFT 20 kN ピエゾ式力変換器 (圧電力センサ) を使用しておこないます。

HBM PACElineセンサは、そのコンパクトなデザインと剛性の高さ、そして優れた過負荷性能を特徴としています。こうした特性により、PACElineセンサは試験システムの機構に簡単に組み込めるようになっています。

さらにこのセンサは、使用中の操作ミスによってセンサを機械的に損傷するというリスクを冒さず、小さな力も正確に計測することが可能です。

CMAシリーズのアナログPACElineチャージアンプによって、この力の信号はアナログ出力信号に変換され、MP85A-S EASYswitchプロセスコントローラを使用して評価されます。これらのコンポーネントももちろん、HBMの提供によるものです。

プロセスコントローラには解析アルゴリズムが含まれており、これによって操作エレメントの「触覚」と電気式スイッチのロック機能の両方を1回の試験サイクルで評価することが可能になります。このメリットは、テスト時間の短縮や生産量の増大となって現れます。

「HBM製の圧電計測チェーンは各コンポーネントが完璧に適合されていますから、考えられる最短の時間内で当社の試験手順の効率と信頼性を向上させることができました。」 とヴァレオ社のエンジニアであるSOUFFLET氏とMOENNE LOCCOZ氏、そしてGRAVELINE氏の各人は語っています

トランスデューサ、エレクトロニクス、ソフトウェア―すべての計測チェーンは同じサプライヤから

解析済みのすべての試験プロセスはラインサーバー上に保存されており、これは品質データ管理に利用できます。これにより、ヴァレオ社では製品の品質を文書化してお客様に提供することが可能となりました。

またヴァレオ社では、HBM製の "FASTpress Suite" ソフトウェアパッケージ  を使用しています。これには大きなメリットがあり、Microsoft .NETベースの統合ソフトウェア・ツールキットにより、個々のビューを作成することが可能となります。つまり、生産用機械に直接携わっているスタッフがごく簡単に使用できるということなのです。

その上このソフトウェアは、操作エレメントを簡単かつ安全に試験するために必要なすべての機能を装備しています。

小さな力を迅速かつ確実に計測できる超小型センサ。エルゴノミクスの基準にも適合した高性能の計測エレクトロニクス。生産ラインの要求に現場で適応できるユーザーフレンドリーで柔軟性の高いソフトウェア ―  こうした言葉をまとめると、つまりヴァレオ社は、完璧に適合するコンポーネントを装備したHBM製の計測チェーンを全面的に使用し、生産現場に最高の安心感をご提供しているのです。

HBMへのお問合せ HBMやHBMの製品について「もっと詳しく知りたい」、「わからないことがある」、「こんな製品を探している」などございましたら、お気軽に下記お問合せフォームでご連絡ください。