• リアルタイムのイーサネットフィールドバスモジュール1チャンネルと計測モジュール4チャンネルの組み合わせ、あるいはI/Oモジュール2チャンネルとの組み合わせが可能
  • 24bit A/Dコンバータと最高サンプリングレート38.4kHz(1チャンネルあたり)の入力を最大16個サポート
  • ピーク値/リミット値、数学機能、科学機能を持つリアルタイム演算チャンネル32個
  • すべての計測信号と計算信号は、並行してフィールドバスまたはイーサネット経由で使用可能。またPX878アナログ出力経由で追加の信号処理を実行
  • PMXに格納されたパラメータセット最大1000個/計測プログラムを利用して、設定時間と試験サイクルを短縮可能
  • デバイスパラメータ、ネットワーク設定、および利用者パスワードのリセットに使用できるUSB2.0ホストインタフェース(データ保存と監視もサポート予定)
  • パスワードで保護された3段階のユーザー設定 (一般ユーザー用/保守サービス用/管理者用)

CODESYS Soft PLC(IEC61131-3)を追加したWGX001ベースユニット

WGX002ベースユニットに、Webブラウザ表示やCANopen(ISO11898)インタフェース、CODESYS Soft PLC(IEC61131-3)を追加

CODESYS: CODESYS Runtimeライセンスはデバイスに搭載ずみ。 CODESYSソフトウェアV3.5、PMXパッケージ、および使用例はCDで本体とともに供給

PMXのメモリ容量: 10MBのRAM、100MBのフラッシュメモリ

300Hzのタイマ分解能で最大100個のタスクに使用できます。例:最高3.33msまでのタイマ制御されたタスクを使用できます。

PMX内で最大30個のCODESYSチャンネルを、直接追加処理、出力可能(ハードウェア構成による)

CANopen: CANopenインタフェース経由で、CODESYSと組み合わせてPMXをCANopenマスタかCANopenスレーブとして操作可能。すべてのCANopenベースのセンサとフィールドモジュールを統合

Product literature

HBMshop 価格・納期の確認、クイック見積もりはこちらから
見積もり希望

こちらからお気軽に見積依頼

ご希望内容:


問い合わせる

こちらからお気軽に見積依頼

ご希望内容:


問い合わせる

柔軟な対応力

技術コンサルティング

速やかな対応