先進的な航空機電子化と装置試験

航空機の電子化は、騒音と排気ガスを軽減する環境保護の観点からも推進されてきました。従来型航空機から電気航空機への移行において、油圧式や空力式のアクチュエータとシステムは電動式に置き換えられています。

飛行機の電子化の過程における主な技術的課題は、航空機の電気システムの構成部品(発電機、バッテリ、電子制御装置やモータ)の重量を減少させると同時に、効率、出力密度、および信頼性を向上させることです。これら構成部品のエネルギ変換効率をテストするには、入出力パワーを総合的に計測して記録する、高い信頼性を持つ高精度データ収集システム(DAQ)が必要です。これにより、研究開発の段階から、生データを収集して、実証的にエネルギー効率を改善できます。

電子化のためには、航空機の電気システムの安定した稼働を確保することが重要になります。このため航空機の配電網全体と個々の構成部品に関して、電力品質が適切であるかを、徹底して試験する必要があります。この試験に使用するDAQシステムは、連続して飛行プロフィール全体を記録するだけでなく、随時に、個別のトラブル要因に関しては高サンプルレートで記録する必要があります。このDAQは同一の装置で、高周波解析(調和解析)と電力計測の両方を実施できる必要があります。


HBMソリューションの特長

1台の汎用DAQシステムで、発電機、バッテリ、燃料電池、コントローラ、ブレーカ、配電システム、周波数インバータ、およびモータなどを含む航空機電気システムに関連するすべての構成部品の電気、機械および効率のテストが可能です。

HBMは航空機の電気配分システムとその構成部品の安定性テストと認証において以下の特長があります:

 

 

  • 部品テストから完全な電気ネットワーク認証まで行える4~10,000チャンネルまで拡張可能なDAQシステム
  • 部品から総合的飛行プロフィールまでの、随時や連続(もしくは両方同時)モードでのデータ収集
  • 絶縁直流電圧入力 ±10 mV ~ ±1,000 V
  • 簡単でエラーのないチャンネル設定を可能にする電流クランプとCT用のセンサデータベース
  • 絶縁された2進のステータス入力
  • CANbusと温度チャンネル
  • リアルタイムRMS、パワーと効率の計算

HBMは、APU、Ram Air Turbine(RAT)、スタータ発電機、キャビンコンプレッサ、電動油圧ポンプ、窒素発生機、RAMファン、電力パネル、バッテリ、電気アクチュエータ、および燃料電池などの効率テストと最適化を行うための計測に関して以下の特長があります:

  •  全データ用が1台でサポートできる統合型DAQシステム - 電流、電圧、トルク、および回転速度を計測
  • EtherCAT経由で試験台とリアルタイムで統合
  • 6~42チャンネルを持つ拡張可能なDAQシステム(モジュールタイプ)が1台のメインフレームで構築可能
  • ±10mV~±1,000Vの絶縁直流電圧入力
  • 簡単でエラーのないチャンネル設定を可能にする電流クランプとCT用のセンサデータベース

eDrive の詳細


トランジェントレコーダとデータ収集システム(GEN7tA)

  • ラックマウント可能なGEN7tA の1Gbitイーサネットインタフェース(標準)が100MByte/sで直接PCに記録データを高速ストリーミング
  • オプションの1Gbit光イーサネットにより、メインフレームを絶縁したまま制御でき、最大10kmのケーブル長まで完全なストリーミングが可能
  • より高速なストリーミング(400MB/s)が、10Gbitの電気または光イーサネットオプションで利用可能

1kV 2MS/s の絶縁入力ボード(GN610B)

  • 絶縁バランス差動入力は、各チャネルの両方の入力に、600V RMS までの電圧を直接接続可能
  • 1台の入力ボード上に異なる電圧入力範囲を組み合わせて使用可能(範囲:±10mV~±1000V)

熱電対モジュール QuantumX MX1609KB/TB

  • 熱電対タイプK用のMX1609KB と熱電対タイプT用の MX1609TB は、1アンプあたり16チャンネルまでの信頼性の高い温度計測が可能
  • PTPv2(Precision Time Protocol)のトランジェントデータレコーダとデータ収集システム(GEN7tA)に同期

QuantumX MX471B CANbusモジュール

  • 4つのCANインターフェースで、CAN、CCPまたはxCP-on-CANのメッセージを読み込み可能
  • PTPv2(Precision Time Protocol)のトランジェントデータレコーダとデータ収集システム(GEN7tA)に同期

電気計測量の処理に最適な統合ソリューション

高速データ収集システムGenesis High Speedのトランジェントレコーダとデータ収集、および関連のPerceptionソフトウェアは、航空機電動化システムの試験に最適なソリューションです。

230 V RMS の絶縁デジタルイベントアダプタ(G072)

  • 最大32個のデジタルイベントの絶縁入力
  • アダプタがGEN DAQメインフレームのデジタルイベント/タイマ/カウンタコネクタに接続されている場合は、4個のイベント出力チャネルが利用可能

デュアルモードでの記録と高周波解析

  • 低サンプルレートでの連続データ収集 連続データ収集と同時に、より高いサンプルレートで無制限または制限されたスイープ記録
  • 基本周波数、倍音スペクトル、およびTHD計算の決定

演算値によるトリガの設定

  • リアルタイムのrms計算値をトリガ に使用: 検出されたサイクル(中央)に対して、トリガの音源信号(下)としてリアルタイムのrms計算値(上)を使用

センサデータベース 

  • センサデータベース からチャンネルに、センサ情報をドラッグ・アンド・ドロップするだけで、電流クランプと変圧器を含む、全チャンネルの迅速な構成が可能


HBMへのお問合せ HBMやHBMの製品について「もっと詳しく知りたい」、「わからないことがある」、「こんな製品を探している」などございましたら、お気軽に下記お問合せフォームでご連絡ください。