ひずみゲージロゼットとは

ひずみゲージロゼットは、ひずみを計測するために、異なる計測方向を持つ2つ以上のひずみゲージを近接して配置したゲージです。単一のひずみゲージは一方向のみのひずみを効果的に計測することができるため、複数のひずみゲージを使用すると異なる方向のひずみを同時に計測ができるようになり、計測される表面のひずみをより正確に評価できます。

二軸応力状態

以前は、応力は単一の力の作用と考えられていたため、応力の計測は比較的簡単でした。しかし特定の力の組み合わせが、平面内で直角に作用する応力を生成するという発見により、二軸応力状態を計測する必要が生じました。

二軸という用語は、XY平面内の応力の2D解析を示唆しており、この面に垂直な応力はゼロと仮定されています。2軸応力状態は、2つの垂直応力または剪断応力の合計です。

二軸応力は、ほとんどの構造部品に共通する現象であるため、ひずみゲージロゼットは、実験的応力解析に日常的に使用されています。

ひずみゲージロゼットには、一般的に長方形と三角形の構成があります。長方形のひずみゲージロゼットは、3つのひずみゲージ (A,B,C) で構成されています。ひずみゲージAとCはXY軸上に90°の角度で配置され、ひずみゲージBは45°の角度でひずみゲージAとCの間に配置されます。

三角形のひずみゲージも3つのひずみゲージから構成されています。ひずみゲージは正三角形の辺上に配置されており、60°の角度を特徴としています。長方形と三角形に加えて、ひずみゲージのロゼット構成には他の多くのタイプがあります。

HBMのひずみゲージロゼット

標準的なひずみゲージに加えて、HBMはひずみゲージロゼットも提供しています。

RYひずみゲージロゼット は、主応力方向が未知のである場合の二軸応力状態を解析するために、3つの計測グリッドを持っています。RY1、RY3、RY8、RY9、RY10タイプでは3つの計測グリッドが 0°/ 45°/ 90°、RY4とRY7タイプでは 0°/ 60°/ 120°の角度で配置されています。

XYひずみゲージロゼット は、主応力方向が既知のである場合の二軸応力状態を引張・圧縮棒上で解析するために、2つの計測グリッドを持っています。これらのひずみゲージロゼットはすべて互いに90°オフセットで配置されています。

 

これらのタイプのひずみゲージロゼットは、HBMによってさまざまな形状とサイズで供給されており、全て以下の温度応答に適合した材料で利用できます:

  • フェライト鋼(10.8 ppm/K; 6.0 ppm/°F); 温度マッチングコード:1
  • アルミニウム(23 ppm/K; 12.8 ppm/°F); 温度マッチングコード:3
  • オーステナイト鋼(16 ppm/K; 8.9 ppm/°F); 温度マッチングコード:5
  • シリカ/複合体(0.5 ppm/K; 0.3 ppm/°F); 温度マッチングコード:6
  • チタンおよびグレー鋳鉄(9 ppm/K; 5.0 ppm/°F); 温度マッチングコード:7
  • プラスチック(65 ppm/K; 36.1 ppm/°F); 温度マッチングコード:8
  • モリブデン(5.4 ppm/K; 3.0 ppm/°F); 温度マッチングコード:9


 ひずみゲージロゼット の詳細は弊社までお問い合わせください。

関連製品の情報

HBMへのお問合せ HBMやHBMの製品について「もっと詳しく知りたい」、「わからないことがある」、「こんな製品を探している」などございましたら、お気軽に下記お問合せフォームでご連絡ください。