産業プロセス制御(IPC)とシグナルコンディショナーの定義

産業プロセス制御とは、製造とプロセス処理用の計測を行う計測チェーンと解釈できます。これには、ソフトウェアおよびハードウェアの制御が含まれ、機械的および電気的データ取得機能が組み込まれています。すべての業界では、機械的計装機器が安全で認定されたパラメータの範囲内で使用され、優れた再現性で動作するためには、何らかの形式のプロセス制御装置が必要です。しかし、厳しい環境で連続運転を行うには、悪影響を最小限にとどめながら、電気的および機械的信号を取得できる計測ハードウェアが必要です。非常に堅牢なシグナルコンディショナーはこの問題を簡単に解決します。

シグナルコンディショナー(または工業用アンプ)は、信号をシステム・ソフトウェアが認識できるデータに変換するデータ収集装置です。典型的なシグナルコンディショナーは、機械的または電気的信号を取得し、その分解能またはSN比の範囲内で増幅する装置です。変換された信号は、デジタルまたはアナログインターフェースを介して機械制御装置に伝送されます。専用シグナルコンディショナーを介して多数のセンサなどをマシン制御に接続することで、迅速に信号の診断(ダイアグノスティック)を行い、機械的なダウンタイムを削減し、様々な業界でプロセス制御を改善しています。

シグナルコンディショナーPMX

シグナルコンディショナーPMXは、産業用プロセス制御向けの汎用タイプのデータ収集システムで、優れたモジュール方式により複数のインタフェースおよび様々な入力に対応できます。1チャンネルあたり19.2kHzの超高速サンプリングレートを備え、ひずみゲージ(2ゲージ/4ゲージ式)、誘導ブリッジ(2ゲージ/4ゲージ式)など、多種多様なセンサを自動検出します。

これはHBMの最も普及しているシグナルコンディショナーの1つで、シームレスな統合により、最大16の異なる入力チャンネルが使用できます。

シグナルコンディショナーClipX

汎用PMXとは対照的に、ClipXはプラグ&プレイで簡単にセンサを統合できる最新型モジュール方式を採用しています。このシグナルコンディショナーは、最高レベルの精度等級0.01で信号処理を行い、産業プロセスの自動化と遠隔監視が行える最新のウェブインタフェースを備えています。最大6つの追加モジュールを使用して、プロセス信号をミリ秒間隔で機械制御用に変換することができ、要求レベルが非常に高い信号計測アプリケーションでマルチチャネル計測が行えます。

シグナルコンディショナーPME

シグナルコンディショナーPMEは、コンパクトなClipXと多チャンネルPMXとの中間の性能をもつシグナルコンディショナーです。PMEは、Fieldbusに接続された複数の信号アンプモジュールで構成されており、圧力、温度、トルクなど大量の計測量を収集できます。このモジュールは、独自の制御パラメータを設定して、自己診断(セルフ・ダイアグノスティック)および異常信号処理機能によりプロセスの監視ができます。

HBMのシグナルコンディショナー(工業用アンプ)

HBMは、自動車エンジニアリング、医薬品、商用生産ラインなど広範な産業分野に、様々な種類のプロセス制御計測装置を提供しています。HBMのシグナルコンディショナーは、各アプリケーションに対応した計測器として、様々な低、中、高スループットの製造環境で使用されています。この実績では、広範な種類の信号コンディショナ製品に、様々な生産量と要件を持つ小規模から大規模までの企業向けのオプションを柔軟に組み合わせています。

工業用プロセス制御アプリケーション向けのシグナルコンディショナーの詳細については、弊社までお気軽にお問い合わせください。

HBMへのお問合せ HBMやHBMの製品について「もっと詳しく知りたい」、「わからないことがある」、「こんな製品を探している」などございましたら、お気軽に下記お問合せフォームでご連絡ください。