HBMトルクセンサによるパワートレインテスト

車両の動力伝達装置であるドライブトレインやパワートレインのテストは、車両開発の最重要課題です。特に、次世代自動車や大型汎用車の効率を大幅に向上させるためには、モータと駆動系をすべて正確にテストする必要があります。  

その中でも、トルク計測はパワートレインの性能判定の重要な基準となります。世界中のほぼすべての自動車メーカー、テストハウス、テストベンチ開発者は、トルク計測にHBMのセンサを使用しています。HBMの非接触トルクセンサは、デジタル技術により、優れた精度と操作性(メンテナンス不要)をもち、自動システムにも容易に統合できます。

精度、回転速度、サンプリングレートなどにおいても、豊富な種類のトルクセンサから選択でき、様々なアプリケーションに対応します。
理想的な組み合わせ:このトルクセンサをHBMユニバーサルアンプシステムQuantumXのモジュールと組み合わせることにより、正確で信頼性の高いデータ収集が行えます。

モータテストベンチでのトルク計測

テストベンチでのトルク計測では、次のような課題が重要性を増しています:

  • 機械出力の増加
  • 効率向上
  • 省エネルギー
  • 環境汚染の低減

このためテストベンチの要件は、ますます厳しくなっています。テストベンチは、エンジン、パワートレイン用コンポーネント、ブレーキの開発において重要な役割を果たします。

複雑化するシステム構成や条件に対して、最新のテスト技術を駆使すれば、開発時間を短縮できます。厳しい開発要件には適切な計測機器の重要が欠かせません。トルクセンサは通常、テストベンチの最も重要な機器です。HBMのトルクセンサ、特にフランジ型タイプは、 高い精度と信頼性を誇り、しかもコンパクトで省スペースです。

HBMへのお問合せ HBMやHBMの製品について「もっと詳しく知りたい」、「わからないことがある」、「こんな製品を探している」などございましたら、お気軽に下記お問合せフォームでご連絡ください。