海上事業での実績

  • 当社の計測エンジニアによるセンサや機器のプロフェッショナルによるオンサイト設置
  • 沖合での設置タスクに関する定評と経験
  • 世界中の多くの海上プロジェクトにおける実績

当社の計測エンジニアが設置するすぐに使用可能なシステムを得られます。計測や設置に関する知識は必要ありません。

信頼できるデータ

  • 当社が開発および製造したセンサや機器
  • 適切な技術の選択:光ファイバブラッググレーティング(FBG)や電気式ひずみゲージ - お客様の用途に最適なオプションを選択いたします
  • 70年近くにおよぶ高い精度と信頼性に対する世界的な評価

状態監視の高精度な結果:市場で提供されている最高の精度を得られます。

すぐに使えるレポート

  • 強力で使いやすい計測データ収集ソフトウェア
  • インターネット経由で提供される準備済みのレポートとライブデータ
  • 高度な疲労および耐久性解析ソフトウェアを利用可能

風力タービンの「即時健全性チェック」を得られます。状態に基づく保守プログラムを計画してコストとダウンタイムを削減できます。

状態監視システム

状態監視システム(CMS)は、風力タービンの構造物および構成部品の安定性確保に役立ちます。HBMが提供するCMSでは、ひずみゲージ、変位センサ、加速度計、および傾斜計を使用して、計測時に機械的応力を特定します。提供される機能には、長期的または短期的な、水位線の上下における構成部品構造物の疲労監視および構造的監視が含まれます。CMSにより、以下の目標を達成できます。

  • 理論的な設計作業の検証
  • 業界ガイドラインへの準拠
  • 構造保証のための信頼できるデータの生成
  • 風力発電機(WTG)の長期にわたる収益性の高いライフサイクルの確保

一般的なプロジェクトには、計測機器の設置計測の実施とデータの収集、報告と解析、および継続的なサポートが含まれます。

お見積もりのご依頼

「このような規模で実地計測を使用した経験はありませんでした。ひずみゲージが機器に正しく取り付けられるようにするために、HBMのスペシャリストを迎え入れることにしました。HBMとの連携は非常に効果的でした。今後に向け、計測技術をどのように活用できるかについて、より良いアイデアを得ることができました」とBromma Conquip社の開発エンジニア、Mats Idoff氏は述べています。

計測機器の設置

状態監視システム(CMS)は年々重要性が増しています。準拠すべき業界ガイドラインがあり、検証のための短期的な構造物の挙動、またダウンタイムを最小限に抑えるための長期的な構造物の挙動を確実に理解しておく必要もあります。

ひずみゲージなどのセンサのプロフェッショナルによる設置から開始することで、このタスクの最初の重要な段階が完了します。当社のエンジニアは、適切なスキルと現場での豊富な経験を有しており、正しく作業を行う方法を知っています。

計測の実施とデータの収集

風力タービン構造物(モノパイルやジャケット)の全体的な信頼性の向上は、海上での厳しい条件や予測できない海底の物理的現象を考慮すると特に重要な問題です。

では、構造物の挙動は想定どおりでしょうか?実際の計測を実施してデータを収集することは、構造物の現在の挙動、必要な対応、そして今後必要となる対応を特定するためのプロセスの第2段階です。

報告と解析

時間の経過とともに実際の条件が構造物にどのように影響を及ぼすかを理解し、その知識を獲得することは、非常に有益です。また、これは、最もコスト効率の良い方法で運用・保守(O&M)作業を計画し、計画外のダウンタイムを回避するのにも役立ちます。

第3段階は、報告と解析を通して計測の結論を得ることです。これにより、構造物の実際の健全性に関する重要な情報が明らかになります。

無料コンサルティングのご依頼

海上風力タービン構造物の状態監視に関する無料コンサルティングについては、当社までお問い合わせください。

担当者:Richard Sargeant
電話番号:+44 (0)7341 774932
メールアドレス:wind@nwe.hbm.com

見積もり希望

こちらからお気軽に見積依頼

ご希望内容:


問い合わせる

こちらからお気軽に見積依頼

ご希望内容:


問い合わせる

柔軟な対応力

技術コンサルティング

速やかな対応