QuantumX MX878B –耐久試験に最適なアナログ出力モジュール

高性能と多機能を特長とするMX878Bは、多様な信号入力と分散配置が可能なQuantumXシリーズの1つです。

鉄道やインフラ、機械装置エンジニアリングに加え、航空宇宙や自動車産業の耐久試験で利用する場合は最適なモジュールです。ダイナミック試験による連続耐久評価での負荷の出力やトリガとなるセットポイントの出力が可能です。

MX878Bはさらに、計測値を電圧信号に直接変換できます。例えばフレキシブルにテストベンチの制御システムに統合できます(力、ひずみ、圧力、温度など)。計測信号の演算結果はPIDコントローラのような代数演算により、をリアルタイムに出力できます。加算、乗算、マトリックス計算などが使用できます。

 MX878Bはさらに、計測値を電圧信号に直接変換できます。例えばフレキシブルにテストベンチの制御システムに統合できます(力、ひずみ、圧力、温度など)。計測信号の演算結果はPIDコントローラのようなAlgebracOperatioを介し、をリアルタイムに出力できます。加算、乗算、マトリックス計算などが使用できます。

8つのアナログ出力を持ち、リアルタイム機能も追加されているため、 MX840Bのような他のQuantumXシリーズのモジュールをグレードアップできます。計測量や信号の取り込みは:

  • リアルタイムにデータをMX878Bに転送

  • 必要に応じモジュールは分散配置が可能

  • ±10Vのアナログ電圧信号への変換出力

 なお、デジタル入出力が必要な場合は、QuantumX MX879Bをご利用ください。

catman Easy/APの他、 LabVIEW™、 VisualStudio™.NET、 CANape、DIAdemの利用もサポートしています。またフリーソフトウェアのQuantumX Assistantを使えば、センサは簡単に設定できます。


QuantumX MX878B トランスミッタは、モニタすべき計測信号の計測ユニット一元化をしたり、他のシステムへ転送し、さらに効率的なデータ分析を許容させます。 さらに、代数演算で使用される信号をお互いに影響させません。 モジュールはまた、ピーク値解析という特徴も持っています。

 

The MX878B トランスミッタは、無料の QuantumX Assistant ソフトウェア を使って簡単かつ直感的に構成することができます。MX878B は、最低1つの他のアンプモジュールに接続して使用されます。例えば MX840A ユニバーサルアンプ などです。 イーサネットまたはファイヤワイヤのポートをコミュニケーションインターフェイスとして使用できます。 システムはアンプとトランスミッタを含んでおり自由に構成できます。またPC無しのスタンドアロン使用やテストスタンドへ接続された状態でも使用できます。

ユニバーサルな特徴

QuantumX システムが持つ他の優位点全てがMX878B にも当てはまります:

  • 計測信号や計算された信号をビジュアル化するためのパワフルソフトウェアパッケージが使用できます
  • コンパクトなサイズ
  • リアルタイムな分散型システム

To top

Product Literature

タイトル/詳細 言語
データシート
English
Japanese
Chinese
German
ブローシャー
English
English (US)
Simplified Chinese
Japanese
German
Portuguese
操作マニュアル
多言語
多言語
German
Italian
English
Japanese
Chinese
English, German
English, German
German, English
English
Italian
アクセサリ
Italian
English
German, English
Italian
EU Declaration of Conformity
多言語
Tech Notes

This TECH NOTE shows available and tested PTP components together with HBM equipment and can be used as reference source giving you some recommendations.

English

This TECH NOTE explains the highly accurate time sync mechanism Precision Time Protocol or short PTP, its advantages and its use in Test & Measurement applications.

English

Diese TECH NOTE behandelt die Kompensation von Querabhängigkeiten (Englisch: cross-talk) und damit den Einfluss parasitärer Effekte auf die jeweilige Messgröße. Die Kompensation dieses sogenannten Übersprechens kann in Echtzeit mit der HBM Messtechnik QuantumX oder online in der Software catmanEasy erfolgen.

German
見積もり希望

こちらからお気軽に見積依頼

ご希望内容:


問い合わせる

こちらからお気軽に見積依頼

ご希望内容:


問い合わせる

柔軟な対応力

技術コンサルティング

速やかな対応

HBMshop 価格・納期の確認、クイック見積もりはこちらから