ひずみセンサ

HBMのひずみ応力センサは、アンプを内蔵しないアナログひずみセンサとアンプ内蔵型のひずみセンサに大きく分類されます。アナログひずみセンサは設置が簡単で、接続部や検出部が保護され、ねじ留めだけで使用できます。人気のSLB700シリーズは並列に接続することで曲げモーメントを抑えられます。

アンプ内蔵型は基盤を内蔵することにより4-20mAや0-10Vの出力が可能です。デジタル入力による校正も可能な上、機械的負荷はほとんどありません。制御入力によりパルスも出力できます。HBMのひずみセンサは、最大の負荷がかかり大ひずみが生じた状態でも、最大出力レンジを確保しています。

HBMのひずみセンサは鍛造/鍛圧(プレスモニタリング)工程にも数多く利用されています。

【導入事例】 Schuler社:プレス機のフェイルセーフ監視と効率化を推進する最新型計測技術

見積もり希望

こちらからお気軽に見積依頼

ご希望内容:


問い合わせる

こちらからお気軽に見積依頼

ご希望内容:


問い合わせる

柔軟な対応力

技術コンサルティング

速やかな対応