重量計測関連情報

HBMのロードセルは、重量計測の幅広いアプリケーションで日々お客様の高精度計測に貢献しています。重量計測関連の最新情報をまとめてご紹介するページです。

Webセミナー(英語版)

導入事例

最新技術資料-重量計測編

計量の基礎

計重システムの予防保守
コストを削減しながら、システム効率を向上させる計重システムの予防保守について紹介しています。

曖昧な結果―現在試験中の精度クラスC6のロードセル
取引用スケール(はかり)は、商業使用に適した信頼性を持つのが前提であり、基準 局の担当官による2年に1回の監視や確認の対象となっています。要件も高くなり、使用されるロードセルには厳しい条件が課せられます。

ロードセルにおける荷重の適用
ロードセルに対して荷重を適切に適用することは、正確な計量結果を得るための必須条件です。

過負荷防止 - 優れたロードセル保護
ロードセルに最大許容荷重までの負荷をかける必要があるときには、常に過負荷のリスクが存在します。したがって、特別設計の過負荷防止にかかる出費は、建設的なものとして必ず正当化できるはずです。この技術資料ではロードセルを保護するために過負荷防止を施す必要がある典型的なケースを示します。

試験・計測装置に使用する配線の影響度
近代的な試験・計測装置においては、そのノウハウや高品質部品が高精度を得るためには不可欠の要素となります。変換器、アンプ、計測ソフトに関しては、高い品質が要求されることを多くのユーザが認識しています。しかしながら、変換器とアンプを結ぶ計測用ケーブルにも高い品質が必要です。計測チェーンの品質は一番弱いリンク部分で限定されるので、高品質の構成部品で最適化することを推奨しています。

ダイナミック計量

データセキュリティに新たなスタンダード: デジタル計量における256ビットコーディング技術
Protection against manipulation is among the major challenges in digital weighing technology. HBM relies on extremely secure 256-bit encryption technology. Why this is so and what are secrets behind this technology? You'll find the answers in this article.

FIT7A Tutorial
デジタルロードセルFIT7Aのセットアップ方法

プロセス計量およびコンテナ計量

ATEX
HBMが標準品として提供する主要ロードセルの多くはEUのATEX規格に準拠した防爆仕様オプションを提供します。

オープンオートメーション用途における商取引(legal-for-trade)に適した計量システム
オープンオートメーション用途における商取引(legal-for-trade)に適した計量システム

タンク計量システムの構造設計
タンク内にロードセルを取り付ける際には、基本的な決まりをいくつか守る必要があります。タンクは、気象条件や生産関連の条件から影響を受けることが多くあります。新しい直立型のタンク(サイロ、石炭ホッパーなど)を屋外に建設する場合、その型の構造体に対して適用される建築基準を順守しなければなりません。建築基準法に照らし合わせると、後から取り付けた計量デバイスを「著しい変化」として考慮しなければならない場合もあります。

衛生計量

細菌や汚れが侵入するスキはありません
細菌や汚れが侵入するスキはありません

衛生的な設計が必要不可欠
衛生上の要件に完全に適合するには、食品生産に関わるすべてのシステムとコンポーネントの設計が、高い衛生レベルをもたねばなりませんHBMのロードセルに関するこの技術レポートには衛生設計の重要性が実例として紹介されています。

クリーンビジネス:HBM製ロードセルを使用した衛生的なシステム設計
製品と接触する領域は「容易に洗浄が可能な」設計になっていなければならないという法規により、いくつかの必要条件が課せられます。こうした要件は衛生システムの設計にとって決定的な意味を持ちます。


HBMへのお問合せ HBMやHBMの製品について「もっと詳しく知りたい」、「わからないことがある」、「こんな製品を探している」などございましたら、お気軽に下記お問合せフォームでご連絡ください。