風力タービンのテスト-運用/製品開発時の安全性を確保

風力タービンのダウンタイムには膨大な費用が伴います。HBMの計測技術を利用すれば風力タービンの構造上の機械的ストレスを早期に判断でき、ダウンタイムを最小限に抑えることができます。

また専用ソフトウェアであるnCodeソフトウェアによれば、風力発電設備の疲労解析が行え、構成部品を安全面で最適に調整できます。

 

世界最先端のノウハウと60年以上の実績
日本の風力発電を強力にサポートするHBMの高精度計測チェーン

HBM製品のご利用メリットと関連製品一覧(WINDEXPO2014配布資料より)

HBMの風力タービンテストソリューションに関する技術資料を読む

新技術資料:風力エネルギーにおける計測の展望と、高まるその重要性

風力タービン試験ソリューション

状態監視

計測結果や分析結果に基づき、風力タービンの状態が健全化どうかを正確に判断します。

風力タービン導入時の構造テスト

風力発電所の効率や安定性でより多く情報が必要なら、ぜひHBMの計測技術をお試しください。例えば骨組みや構造上のストレス解析やテストが行えます。その際には電気式ひずみゲージや光学式ひずみゲージを利用します。

 

 

高負荷計量

風力タービンの全体構造のサイズを計測するため、HBMは圧縮力センサC18を参照変換器として利用する計測サービスを提供します。1セルあたりの最大レンジは5MNです。

計測エンジニアリング

導入時のコンサルテーションやドキュメント化まで:HBMの計測チームがお客様の風力エネルギーシステムの計測タスクをフルサポートします

風力タービン設計時の疲労解析

HBMのnCodeソフトウェアにより、構造や信頼性に影響を与える要因が何かがわかります。

風力タービンの構成部品試験

風力発電所は、数多くの力をはじめとする物理量にさらされます。HBMの技術によれば、センサからアンプ、強力なソフトウェアで構成される計測チェーン全体からメリットが得られます。

More on Wind Turbine Testing with HBM

風力タービンの状態監視

風力タービンは頻繁に外部の機械的負荷にさらされます。当社の兄弟会社であるBrüel & Kjaer社では早期にシステムエラーを検知して負担の大きな大規模障害を予防する永久的な状態監視ソリューションを提供しています。またHBM FiberSensingでは風車ブレードの監視専用に開発された光学式ソリューションも提供しています。

風力発電システムの状態監視 Brüel & Kjaer Vibrが提供

風車ブレードの状態監視/耐久:HBM FiberSensingが提供

HBMへのお問合せ HBMやHBMの製品について「もっと詳しく知りたい」、「わからないことがある」、「こんな製品を探している」などございましたら、お気軽に下記お問合せフォームでご連絡ください。