コミュニケーションの効率化: 水平・垂直統合する企業ネットワーク

企業内の事業部や部門のネットワーク化(垂直統合)と企業間のネットワーク化(水平統合)は、産業用モノのインターネット(IIoT)において重要な役割を果たしています。

それは協業や連携の強化、透明性の推進を提供する新世代のネットワークをもたらします。デジタル化が垂直・水平ネットワークの基礎となり、社内外のオペレータ、マシン、工作物間のデータ通信を効率化します。その結果、ほとんどすべてのビジネスプロセスを社外調達することも可能になります。

結果: 企業間の境界のシフトとバーチャル・カンパニーの創造

IIoTはIoTにより推進されたサイバーフィジカルシステムで、その実現には自己最適化するバリューチェーンと企業の垂直・水平ネットワーク化が不可欠です。ネットワーク化により安定した情報交換が行われるので、接続されたモノどうしの効率的な協調が保証され、さまざまなアプリケーションが可能になります。マシン、プログラム、ツールの共同運用が可能になり、製品の処理状態の監視、マシン保守の管理などを、世界中のどこからでも実行できます。

関連情報...