スマートファクトリーが効率的生産の基礎を提供

コスト削減、資源の節約、環境保護に対する要求が厳しくなっていますが、これに加え、高度にカスタム化した製品が求められるようになりました。そのため生産者は複雑な難題に直面しています。これに対して、スマートファクトリーがソリューションを提供します。それは自己最適化して自律的生産がおこなえる生産工場です。その結果、多品種少量生産が効率的に行え、企業は競争力を向上できます。

フレキシブルで費用対効果に優れた生産

スマートファクトリーサイバーフィジカルシステム に基づいています。このシステムでは、マシン、資源、人間が モノのインターネット(IOT) 上で相互に通信します。情報の交換は、クラウドやイントラネット、あるいは、直接RFIDチップにより行われます。例えば、製造ラインが自己診断システムを持ち、点検が必要なときには、マシン自身が直ちに報告します。その結果、マシンのダウンタイムが減少し、耐用年数がのびます。スマートファクトリーではマシンだけではなく、製品の原材料自体も通信するようになります。RFIDチップにより、生産システムと重要な情報が共有され、自律的な制御により、生産効率が極限にまで追求できます。

スマートファクトリーにおける、データの連続相互通信は自律したサプライチェーンを確立します。必要に応じて新たな要件に適合するように生産プロセスを制御します。例えば1台のマシンが停止した場合、別の利用可能なマシンが自動的に引き継ぎます。採算ラインぎりぎりの小ロット生産であっても、フレキシブルで費用対効果に優れた生産を実現できる可能性があります。

関連情報...