M2Mコミュニケーションで生産プロセスを最適化

企業が市場で成功するためには、顧客のニーズを正しく反映した製品を可能な限り高い品質で安く生産することが重要であると考えられています。ここでM2M(マシンツーマシン)コミュニケーションが力を発揮します。インターネット経由でのモバイル機器間の自動情報交換およびモバイル通信による情報処理が、プロセスの最適化と生産性の向上を確実にします。

パンチングマシンからのメッセージ

M2Mコミュニケーションは、すでに日常生活の一部になっています。たとえば、スマート電気メータにより、エネルギーをより効率的に使用できるようになっています。車は相互に通信して交通の流れを改善できるように様々な試みが行われています。侵入者があった場合、アラームシステムはその住宅の所有者にメッセージを送信します。

M2Mコミュニケーションは、今や経済のあらゆる部門で重要な位置を占めています。たとえば、生産工場においては、M2Mコミュニケーションがリモート保守を実施してダウンタイムを最小限に抑えることができます。加工プロセスにある部品も、その加工状況について情報通信します。これにより、1台のシステムから様々な種類の製品が、高品質を保ちながら低コストで生産されます。

M2M は、農業部門でも使用されています。今日では、収穫はコンバインによりほぼ自動的に行われます。これはGPS と気象データにより可能になりました。また酪農では、母牛のバイタルデータが変化したときに送信されるテキストメッセージを利用して、子牛の誕生の可能性をモニタできます。

関連情報