圧縮型ロードセルの動作原理

ロードセル は、力を電気信号に変換して出力する荷重変換器です。ほとんどのロードセルは ひずみゲージ を使用しますが、油圧および空気圧のロードセルも存在します。

ひずみゲージ式ロードセル

ひずみゲージ式ロードセルは、通常、4つのひずみゲージでホイートストーンブリッジを構成(ひずみによる極めて小さい抵抗の変化を、電圧の変化に変換して計測)しています。

力がロードセルのひずみゲージを変形させ、その変形量が電気信号の変化として計測されます。せん断ビーム、Sタイプ、および圧縮をはじめ、様々なタイプのひずみゲージ式ロードセルが普及しています。


圧縮型ロードセルの動作原理

本質的に、圧縮型ロードセルは、圧縮力を計測するためにあるポイントで負荷を受けるように設計されたブロックの形状をしています。引張力型ロードセルは引張力を計測しますが、圧縮用ロードセルは単一軸に沿った押し込み力を計測します。一般に、圧縮荷重用ロードセルは、計測を必要とする物体の下に配置されます。

前述したように、荷重が加わると圧縮型ロードセルのひずみゲージが変形し、この変形の度合いがひずみ計測値に変換されます。

用途に応じて、圧縮型ロードセルは抵抗値の相対的な変化を判断します。ホイートストーンブリッジ回路を使用すると、これらの相対的な変化が高い精度で計測でき、信頼性の高い結果が得られます。

圧縮型ロードセルは正確な結果を得るために、そのベースプレートは、錆び、傷などに強い耐久性を持つ材料で作られています。さらにベースプレートを硬質のカバーで覆い保護を強化する場合があります。

圧縮型ロードセルは、スペースが限られている用途に特化して設計されており、きわめてコンパクトに設計されています。また、非常に高い負荷の計測に適しており、最大50トンまでの計測を行えます。

これらのロードセルは非常に正確なので、製品が重量を基準に取引されている産業に役立ちます。多くの圧縮型ロードセルはシングルポイントで、非常に汎用性があり、中心から外れた荷重を計測することができるので、精度を確保するのに役立ちます。また圧縮型ロードセルは長期安定性に優れ、HBMなどが提供する定期的な校正サービスにより、この安定性と精度をさらに保証することができます。

圧縮型ロードセルによる計測の容易さは、計量タスクのスピードアップをもたらし、生産性が高まるので結果的にはコスト削減になります。

HBMの圧縮型ロードセル

HBM は、プロセス計量、プラントエンジニアリング、およびタンク計量での使用に特に適した一連の 圧縮型ロードセルを供給しています。HBMは、最大計測容量50 kgから5 t、最高精度 0.1 %までのロードセルを供給することができます。

爆発性雰囲気内で使用できる防爆仕様、または度量衡法の対象となっている高精度スケールタイプがあります。また国際的な認定証も提供できます。

圧縮型ロードセルについての詳しい情報をご希望の場合は、HBMまで御連絡ください。

HBMへのお問合せ HBMやHBMの製品について「もっと詳しく知りたい」、「わからないことがある」、「こんな製品を探している」などございましたら、お気軽に下記お問合せフォームでご連絡ください。