フランスの RATP (パリ交通公団、世界で6番目に大きな都市交通機関)は、主としてHBM MGCplus および SoMat eDAQU データ収集システムからのデータプロセスに GlyphWorks を使用しています。

RATP は nCode GlyphWorks をこのような目的で使用しています:

  • 列車(ボディー、ボギー、車軸)構造や、鉄道車両に備え付けられる機器、そしてレールの広う解析
  • 統計や、応力、振動、変位、温度、圧力信号の時間軸と周波数軸といった各種解析... 複雑な機械的動向が科刑する問題を見るために

RATP試験研究所のメカニカルディビジョンマネージャである David Courteille 氏によると、 GlyphWorks の主な優位点の一つは、大きなサイズのファイルを、素早く処理する能力だそうです。

難の無い使いやすさや既に用意されているマテリアル疲労プロパティのデータベースも、重要な優位点の一つだそうです。

MGCplus相互作用関連のアプリケーション用に、オンボードで使用されています。その優位点は、幅広い種類のセンサが接続可能で、またその入力チャンネルの多チャンネル対応能力にあります。 (19インチラックに 100 チャンネル以上)

数日にわたる無人モニタリングでは、 SoMat eDAQ が、例えば溶接部構造の疲労動向を知るための典型的な負荷データの収集を確実にします。

eDAQs のトリガ機能とオンボードプロセッシングは、長期間での計測において必要なデータのみを確実に保存します。

The MGCplus is used on-board for interactive applications and consists of a large number of input channels
HBMへのお問合せ HBMやHBMの製品について「もっと詳しく知りたい」、「わからないことがある」、「こんな製品を探している」などございましたら、お気軽に下記お問合せフォームでご連絡ください。